ファクタリングおすすめ優良会社ランキング【手数料、審査通過率、即日入金など徹底比較】

ファクタリング優良おすすめ会社 ファクタリング

ファクタリングは、銀行などの融資と比べて現金化できるスピードが非常に速い資金調達方法です。

ファクタリングなら、最短即日で資金を調達することができます。

さらに、会社のキャッシュフローを大幅に改善するだけでなく、貸倒れのリスクも回避することができるので、最近注目を集めている資金調達方法です。

ファクタリングとは

ファクタリングは売掛債権をファクタリング会社に譲渡し、現金を手に入れる手続きです。

これにより、売掛金など将来得られる利益を先に買い取ってもらい、現金化することができます。

最近では資金調達の方法として注目されており、経済産業省も積極的に普及に取り組んでいます。

銀行や消費者金融などからの借入とは異なり、保証人や担保は必要ありません。

そのため、中小企業や個人事業主でも利用しやすいと言われています。

おすすめファクタリング会社

①株式会社クイック

クイックマネジメント
種類                    2社間・3社間                 
利用可能金額下限なし~5,000万円迄
手数料5%~20%
入金スピード最短30分
手続き方法電話・メール・FAX
対応地域全国対応
株式会社クイック 利用時に必要な書類
  • 身分証明書(代表者様の身分証明書)
  • 通帳の写し(売掛金の入金が分かる通帳の写し)
  • 請求書の写し(売掛先へ宛てた請求書の写し)
  • 申込書(クイックマネジメントが発行する申込書)

②株式会社No.1

株式会社NO1
種類                    2社間・3社間                 
利用可能金額50~5,000万円迄
手数料1.5%~15%
入金スピード最短即日
手続き方法電話・メール・FAX
対応地域全国対応
株式会社NO.1 利用時に必要な書類
  • 過去直近の取引入金が確認できる書類(入金通帳・当座通帳・当座照合表)
  • 決算書直近二期分(勘定科目明細付で税務申告済みの捺印のあるもの)
  • 成因資料(請求書・発注書・納品書など)
  • 取引先企業との基本契約書(お持ちでない場合はご相談ください)

③MSFJ株式会社

MSFJ株式会社
種類                    2社間・3社間                 
利用可能金額30~5,000万円迄
手数料1.8%~9.8%
入金スピード最短即日
手続き方法電話・メール・FAX・LINE
対応地域全国対応
MSFJ株式会社 利用時に必要な書類
  • 身分証明書
  • 通帳の写し
  • 請求書
  • 発注書

2社間ファクタリング

2社間ファクタリング

ファクタリングには、主に2つの種類があります。その中の1つが2社間ファクタリングです。

2社間ファクタリングは、ファクタリング会社とファクタリングを利用したい会社の間で行われる方法です。

利点の一つは、取引先にファクタリングを利用していることがバレないことです。

また、2社間の取引でも手続きに時間がかからないという利点もあります。

一方、欠点としては、3社間ファクタリングよりも手数料が高くなることです。

これは、売掛債権が回収できなかった場合、ファクタリング会社の被害が大きくなるためです。

取引先からの信頼を失いたくない経営者には、2社間ファクタリングをおすすめします。

3社間ファクタリング

3社間ファクタリング

次に、3社間ファクタリングについてお話しします。3社間ファクタリングとは、ファクタリング会社、ファクタリングを利用している会社、そして取引先の3社が関与するファクタリングのことを指します。

2社間ファクタリングと異なる点は、取引先の承諾が必要ということです。

また、3社間で行うため、手続きには時間がかかる可能性もあります。

一方で、2社間ファクタリングと比べると、手数料が低いというメリットがあります。

3社間ファクタリングと2社間ファクタリング、どちらもメリットとデメリットがありますので、どちらが優先度が高いかを考えることが重要です。

ファクタリング会社の選び方

以下は、おすすめの優良なファクタリング会社を選ぶためのポイントを紹介します。

ファクタリング会社を選ぶポイント
  • 手数料の安さを重視しましょう。手数料だけでなく、入金スピードや信頼性など、いくつかの要素を考慮して選ぶことがおすすめです。

  • 償還請求権のないファクタリング会社を選びましょう。償還請求権がある場合、売掛金が回収できない状況で代わりに支払う必要が生じる可能性があります。そのため、リスクを避けるためにも償還請求権のない会社を選ぶことがおすすめです。

  • 手続きにかかる時間を考慮しましょう。ファクタリング会社によっては対面での手続きが必要な場合もありますが、オンラインで完結できる場合もあります。特に現在の状況を考えると、オンラインで手続きを進めることが早くて安全です。

  • 入金のスピードを重視しましょう。多くの企業や個人事業主は、急いで現金が必要な状況にあることがあります。必要な日までに現金が手に入るかどうかは重要な要素です。通常、2社間ファクタリングでは即日から2日程度、3社間ファクタリングでは1週間から12日程度かかることが一般的です。

  • 信頼性を重視しましょう。ファクタリングは貸金業ではなく、参入障壁が低いため、信頼できる運営会社と悪徳業者が混在しています。金融庁も悪徳業者に注意を喚起しています。

※金融庁の注意喚起

事業者が保有している売掛債権等を対象とする「事業者向けファクタリング」においては、ファクタリングを装って貸付けを行うヤミ金融業者が存在。また、ファクタリングであっても、経済的に貸付けと同様の機能を有していると思われるようなものについては、貸金業に該当するおそれ。
高額な手数料のファクタリングを利用すると、かえって資金繰りが悪化する可能性。
新型コロナウイルス感染症に便乗して、ヤミ金融業者による違法な貸付け等が行われる懸念もあるため、十分注意が必要。


出典:ファクタリングに関する注意喚起|金融庁

運営会社の公式サイトや口コミを確認して、安心できるファクタリング会社を選ぶようにしましょう。

ファクタリング会社【手数料・入金スピード比較】

サービス名               手数料        入金スピード       
日本中小企業金融サポート機構1.5%~最短即日
株式会社ビートレーディング2%~最短2時間
いーばんく4%~最短即日
株式会社クイック5%~最短30分
ファクタリングZERO1.5%~最短即日
株式会社トップ・マネジメント0.5%~最短即日
えんナビ5%~最短1日
株式会社No.11%~最短即日
MSFJ株式会社1.8%~最短1時間
株式会社トラストゲートウェイ3%~最短即日
ジャパンマネジメント3%~最短即日
資金調達プロ一律10%最短1時間
株式会社西日本ファクター2.8%~最短即日
有限会社トラスト・コーポレーション2%~最短即日
Terasu株式会社5%~最短即日
株式会社三共サービス5%~最短即日
株式会社ラボル一律10%最短1時間
株式会社ネクストワン1.5%~最短翌日
株式会社hs12%~最短即日
株式会社アクティブサポート2%~最短30分
株式会社エスコム1.5%~最短翌日
株式会社日本ビジネスリンクス2%~最短即日
株式会社JPクレスト1%~最短5時間
株式会社ラクーンフィナンシャル月額9800~99800円最短10日

ファクタリングの方法

ファクタリングの仕組みがだいたいわかったところで、次にファクタリングの方法について見ていきましょう。

一般的によく利用される方法は買取ファクタリングですが、他にもいくつかの方法がありますので、それぞれについて見ていきましょう。

ファクタリングの方法には以下のようなものがあります。

  • 買取ファクタリング:持っている売掛け債務権を「償還請求権なし」で買い取ることによって現金化する方法です。

  • 保証ファクタリング:売掛金を回収できなかった場合に、ファクタリング会社が代わりに保証してくれる方法です。

  • 国際ファクタリング:海外の取引先との間で売掛金を回収できなかった場合に、ファクタリング会社が保証をしてくれる方法です。

買取ファクタリングについて

買取ファクタリングは、ファクタリング利用者が持っている売掛債権をファクタリング会社が現金化するために買い取る方法です。

買取ファクタリングの大きな特徴は、償還請求権がないことです。

つまり、万が一貸し倒れになってしまっても、ファクタリング利用者がお金を返還する必要はありません。

手数料は高めですが、買取ファクタリングはすぐに現金を手に入れることができる利点があります。

償還請求権とは、期日になっても支払いがなされなかった場合に、代わりに支払いをする責任を負う権利のことです。

保証ファクタリングについて

保証ファクタリングは、取引先から売掛金を回収できなかった場合に、ファクタリング会社が代わりに保証する方法です。

ただし、リスクが高すぎる場合には保証ファクタリングを引き受けられない場合もあります。

そのため、ファクタリング会社は取引相手の信用調査を行い、保証ファクタリングが可能かどうかを判断します。

保証ファクタリングは、1つの取引先に依存度が高い場合や、取引相手の支払い能力に不安がある場合におすすめの方法です。

国際ファクタリングについて

国際ファクタリングは、海外の取引先との間で売掛金を回収できなかった場合に、ファクタリング会社が保証してくれる方法です。

一般的には、海外取引では取消不能信用状や輸出貿易保険などを利用することが望ましいですが、コストや手続きの面倒さから、国際ファクタリングの利用が広まっています。

ただし、国際ファクタリングは大口の取引にしか利用できないことに注意が必要です。

医療ファクタリングについて

医療ファクタリングは、医療機関のためのファクタリングで、医療機関と社会保険診療基金もしくは国民健康保険団体連合会と、ファクタリング会社の3社間で行われます。

医療ファクタリングの特徴は、取引先が国の機関であるため審査が厳しくないことや、償還請求権がないことです。

ただし、実質的には医療機関とファクタリング会社の間でのやり取りとなるため、一般的な3社間ファクタリングよりも手数料が高いというデメリットもあります。

ファクタリングのメリット

ファクタリング会社の選定が終わったら、再度ファクタリングのメリットについて確認しておきましょう。

他の資金調達方法ではなく、ファクタリングを選ぶべきシチュエーションや、ファクタリングならではの利点を解説していきます。

急に現金が必要な時に役立つ
ファクタリングの一つのメリットは、急に現金が必要な時に役立つということです。

一般的に、日本では企業間で「信用取引」が行われることが多く、後から売掛金を入金してもらうという仕組みです。

しかし、ファクタリングでは、申し込みから最短24時間で現金化することができます。

そのため、急に現金が必要な状況や資金繰りが厳しい時に非常に便利な資金調達方法と言えます。

回収できなくても取り立てられない
ファクタリングのもう一つのメリットは、最悪回収できなくても取り立てられないということです。

もしも期日までに売掛金を回収できなくても、ファクタリングではほとんどの場合、「償還請求権」が存在しないため、代わりに支払う必要はありません。

ただし、悪徳なファクタリング会社と契約を結んでしまうと、償還請求権が存在する場合もあるため、契約する際には注意が必要です。

保証人や担保が不要
ファクタリングのもう一つのメリットは、保証人や担保が不要であることです。

なぜなら、ファクタリングは借入や融資ではなく、売掛金の売却です。

そのため、手続きにかかる時間が短縮され、契約のハードルが下がるなど、利便性が高まるといえます。

ファクタリングのデメリット

次に、ファクタリングのデメリットについて確認していきましょう。

ファクタリングのデメリットは主に以下の2つです。

手数料が高め
ファクタリングのデメリットの一つは、手数料が高めであることです。

ファクタリングの手数料は、貸し倒れのリスクをファクタリング会社が代わりに負っているため、比較的高く設定されています。

また、ファクタリングは貸金業に該当しないため、制限が特にないことも手数料が高くなる原因です。

最大20%程度が一般的ですが、30%などの設定をしているファクタリング会社がある場合は、利用を避けることをおすすめします。

3社間では取引先にバレる
ファクタリングのデメリットのもう一つは、3社間でファクタリングを利用していることが取引先にバレてしまうことです。

もしも取引先に対してファクタリングを利用していることを秘密にしたい場合、やや手数料が高くなってしまいますが、2社間ファクタリングを利用することをおすすめします。

ファクタリングを利用するときの手順

みなさんは、ファクタリング会社を選ぶ際に、「なんとなくここにしようかな?」と思うことがあるかもしれませんね。

そこで、実際にファクタリングを利用する際の申し込み手順や必要書類についてご紹介します。

もちろん、会社によって手順は異なることもありますが、大まかな流れとしては以下のような感じです。

STEP.1
まずは、どのようなファクタリングを利用したいかを決めます。オンラインや電話、対面など、ファクタリング会社によって方法も様々です。

STEP.2
もし3社間ファクタリングを利用する場合は、取引先の承諾が必要です。2社間ファクタリングの場合はこのステップは不要です。

STEP.3
承諾を得たら、申し込み用紙に必要事項を記入し、申し込みをします。一般的に必要な書類は、請求書(注文書)、昨年度の決算書、通帳(またはWEB通帳の入出金明細直近7ヶ月分)、本人確認書類などです。事前に用意しておくとスムーズです。

STEP.4
申し込んだ内容が回収可能かどうかを審査します。審査に合格すれば、資金調達が可能で、入金されます。

以上が、ファクタリングを利用する際の大まかな手順となります。

ファクタリングの申し込みで気を付けるポイント

前の章では、ファクタリングの流れについて説明しましたが、ここではファクタリングの申し込み時に注意すべきポイントについていくつか確認しておきましょう。

ファクタリングの申し込み時の注意点

要チェック
  • 違法なファクタリング会社に注意する
    悪徳なファクタリング業者や、契約後に契約内容が変更されるなどのトラブルを避けるために、ファクタリングを申し込む際には以下のポイントに留意しましょう。

  • 契約内容の不安や疑問は契約前に確認する
    契約書を読んで内容を理解できていない場合や、手数料の計算方法などに疑問がある場合は、契約する前に質問や不安点を解消するようにしましょう。

  • 契約書などは保管しておく
    契約書や重要な書類は手元に保管しておくことが重要です。万が一契約内容に違いが生じたり、トラブルが発生した場合に有利な立場を保つことができます。

  • 費用の内訳を詳細にチェックする
    契約書には多くの情報が記載されているため、費用の内訳について見落としてしまうことがあります。しかし、費用の内訳は項目ごとに詳細に確認し、納得してから契約するようにしましょう。

ファクタリングでよくあるQ&A

最後に、よくある質問についておすすめのファクタリング会社に関してお答えします。

もしもこれまでに疑問がある方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

Q: ファクタリング会社は複数利用することはできますか?

A: ファクタリング会社を複数利用することは可能です。

ただし、既に1つのファクタリング会社に売掛債権を譲渡している場合、他のファクタリング会社に売ることはできないことに注意が必要です。

二重譲渡は詐欺罪になる可能性があるため、避けるべきです。

Q: ファクタリングと銀行融資などの違いは何ですか?

A: ファクタリングと銀行融資などの違いは、「借入」か「買取」かということです。

銀行融資などは「借入」に分類され、返済能力を担保や保証人などで向上させることも可能です。

また、審査に時間がかかることが多く、通常1ヶ月程度の期間を見ておく必要があります。

一方、ファクタリングは売掛債権などを「買取」するため、売掛債権の金額が買取の上限金額になります。

最短で即日現金化が可能なため、早く現金が必要な方におすすめです。

Q: ファクタリングができない業種はありますか?

A: 特にファクタリングに業種の制約はほとんどありません。

ただし、一部のファクタリング会社では風俗業などの一部業種が対象外となることがありますので、事前に確認することをおすすめします。

優良ファクタリング会社まとめ

この記事では、優れたファクタリング会社のおすすめと、自社に合ったファクタリング会社を選ぶ方法を紹介しました。

さらに、ファクタリングのメリット・デメリットや申し込みのポイントについても解説しました。

もしあなたが即日で現金を手にしたいか、最近の資金繰りに苦しんでいる場合は、ファクタリングがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました