ファクタリングは違法なのか?法的根拠や注意点を解説

ファクタリングは違法なのか? ファクタリング

ファクタリングは需要が伸びていますが、金融庁も注意を呼びかけているように、ヤミ金などの悪質な業者も存在しています。

また、Googleの検索でも「ファクタリング 違法」というキーワードが予測変換に表示されるなど、ファクタリングに対するイメージは必ずしも良いものばかりではありません。

しかしながら、本来のファクタリングは合法な取引であり、有益なツールであることをご紹介します。

この記事では、ファクタリングの法的根拠を明示し、利用時に留意すべき点についても詳しく解説していきます。

おすすめファクタリング会社 株式会社No.1

株式会社NO1
種類                    2社間・3社間                 
利用可能金額50~5,000万円迄
手数料1.5%~15%
入金スピード最短即日
手続き方法電話・メール・FAX
対応地域全国対応
株式会社NO.1 利用時に必要な書類
  • 過去直近の取引入金が確認できる書類(入金通帳・当座通帳・当座照合表)
  • 決算書直近二期分(勘定科目明細付で税務申告済みの捺印のあるもの)
  • 成因資料(請求書・発注書・納品書など)
  • 取引先企業との基本契約書(お持ちでない場合はご相談ください)

ファクタリングに関する法律

ファクタリングには【2社間ファクタリングと3社間ファクタリング】があり、それぞれの取引方法によって法的根拠がちがいます。

2社間ファクタリングの場合

2社間ファクタリングの場合、自社が債権を持っているため、ファクタリング会社への債権の譲渡は不要です。

そのため、自社とファクタリング会社との合意に基づく売買契約が成立します。

資金調達の手続きは、民法第555条の「売買契約」が適用されます。この条文によれば、売買契約は一方の当事者が財産権を相手方に譲渡し、相手方がその代金を支払うことによって効力を持つものとされています。

3社間ファクタリングの場合

一方の3社間ファクタリングでは、売掛先の承諾を得た上で債権の譲渡が行われます。

この手続きの法的根拠は、民法第466条の「債権の譲渡性」と民法第467条の「指名債権の譲渡の対抗要件」です。

債権の譲渡や売買は、日本の法律において合法であり、違法性はありません。したがって、ファクタリングは金銭消費貸借契約とは異なり、銀行融資のリスケジュールや税金未納の問題があっても利用することができます。

ファクタリングが違法だと思う原因

なぜファクタリングには悪いイメージがあのでしょうか?

それにはのような背景が考えられます。

・ファクタリングに関する法律が整備されていない
・定利息の何十倍もの金利得る業者が、ファクタリング取引を装って存在する
・「給料ファクタリング」という名前で個人の給与を対象にした取引が増加し、多数の被害が発生している

このような問題は、残念ながらしばらくの間解消されることはないでしょう。

資金調達を始める際には、ファクタリングを利用する際には十分に注意してください。

ファクタリングを契約する時に注意すること

契約をする際には、以下の点に注意する必要があります。

まず、契約書には契約である旨が明確に記載されているか確認しましょう。また、債権の買取代金が債権額に比べて極端に低い場合には、ファクタリングを装った貸付の可能性があります。

また、ファクタリングであっても、経済的に貸付と同等の機能を持っているような場合には、貸金業に該当する可能性があるため注意が必要です。

以下のような場合にも注意が必要です。

・売掛債権を買い戻す契約になっている場合
・売主自身の資金によりファクタリング業者に支払いをしなければならないとされている場合

おすすめファクタリング会社 株式会社クイック

クイックマネジメント
種類                    2社間・3社間                 
利用可能金額下限なし~5,000万円迄
手数料5%~20%
入金スピード最短30分
手続き方法電話・メール・FAX
対応地域全国対応
株式会社クイック 利用時に必要な書類
  • 身分証明書(代表者様の身分証明書)
  • 通帳の写し(売掛金の入金が分かる通帳の写し)
  • 請求書の写し(売掛先へ宛てた請求書の写し)
  • 申込書(クイックマネジメントが発行する申込書)

コメント

タイトルとURLをコピーしました