ブロックチェーンの仕組みやメリットを徹底解説

ブロックチェーンの仕組みとは 仮想通貨

ブロックチェーンとは、改ざんが困難な記録技術とP2Pで管理されたネットワーク方式のことです。

P2Pとは、ネットワーク参加者全員が主体となり、データのやり取りや記録を行う通信方法です。

具体的に以下になります。

ブロックチェーンのネットワーク上でデータがP2P方式で配信されます。

そのデータは一定時間ごとにブロックと呼ばれる共有された記録データに格納されます。

ブロックにはブロックナンバーと呼ばれる番号があり、ブロックは順番に連なって記録されます。

ブロックナンバーが大きくなるにつれて、前のブロックは改ざんが困難になり、P2Pで共通管理されることで安全性の高い記録データであるブロックチェーンが形成されます。

ビットコインはこれらの技術を利用して、インターネット上でコピーされずに履歴を変更できない記録を作り出し、それによってお金としての価値を生み出しています。

また、ブロックチェーンは取引の記録だけでなく、メッセージやプログラムなどの記録も可能です。

ブロックチェーンのメリット・デメリット

ブロックチェーンのメリットとしては、記録の改ざんが困難であること、ゼロダウンタイムであること、民主的なネットワークを作れることが挙げられます。

一方で、ブロックチェーンにはデータ処理速度が遅い、インセンティブ設計が難しい、意思決定スピードが遅いといったデメリットもあります。

これまでの説明で、ブロックチェーンの概念がより理解できたかと思います。

おすすめ仮想通貨取引所① DMM Bitcoin

DMM Bitcoin
入金手数料                 銀行振込:無料(銀行手数料はお客様負担)
クリック入金:無料                   
出金手数料無料
取引手数料(販売所)無料
取扱通貨(種類)27種類
積立暗号資産不可能

ブロックチェーンの種類

ブロックチェーンには4つの種類があります。

種類
  • パブリックブロックチェーン(非中央集権型)
  • プライベートブロックチェーン(中央集権型)
  • パーミッションブロックチェーン(許可型)
  • コンソーシアムブロックチェーン(組合型)

それぞれのブロックチェーンは、承認方法によって異なる特性を持ちます。

例えば、パブリックブロックチェーンでは、特定の基準をクリアしたネットワーク参加者によってブロックが承認され、報酬が与えられます。

一方、プライベートブロックチェーンでは、中央管理者がブロックを承認します。

さらに、ブロックチェーンにはハードフォークという分裂現象があります。

ハードフォークはコミュニティの分裂や計画的なバージョンアップによって発生し、仮想通貨が2つに分かれることがあります。

以上がブロックチェーンの基本的な概念と種類についての説明です。

おすすめ仮想通貨取引所 GMOコイン株式会社

GMOコイン
入金手数料                 無料                     
出金手数料無料
取引手数料(販売所)無料
取引手数料(取引所)Maker:-0.01%〜-0.03%
Taker:0.05%〜0.09%
取扱通貨(種類)27銘柄
積立暗号資産可能

コメント

タイトルとURLをコピーしました