ファクタリングでのトラブルとは?回避方法も解説

ファクタリングでのトラブルとは? ファクタリング

ファクタリングは、売掛債権の満期を待たずに現金化することができる非常に便利な資金調達方法です。

銀行融資やカードローンが利用できない方にとっては、非常に便利で重宝する資金調達方法となります。

最近では、ファクタリングの利用者数が増えており、将来的にも増加が見込まれる資金調達方法ですが、ファクタリングを利用することでトラブルが発生する事例も存在します。

そこで、今回はファクタリングに関するトラブル事例とそれを回避する方法についてご紹介します。

おすすめファクタリング会社 MSFJ株式会社

MSFJ株式会社
種類                    2社間・3社間                 
利用可能金額30~5,000万円迄
手数料1.8%~9.8%
入金スピード最短即日
手続き方法電話・メール・FAX・LINE
対応地域全国対応
MSFJ株式会社 利用時に必要な書類
  • 身分証明書
  • 通帳の写し
  • 請求書
  • 発注書

ファクタリングに関連する5つの問題点

ファクタリングは非常に便利な資金調達方法ですが、残念ながらファクタリングを利用する際にはさまざまな問題が発生することがあります。

金融庁も一部のケースについて警告しているため、実際のトラブル事例を見てみましょう。以下にファクタリングにまつわる問題点を示します。

闇ヤミ金として営業するファクタリング業者に騙されるケース

ファクタリングは法律で認められた合法的な手法ですが、中にはヤミ金業者がファクタリング業者として営業しているケースもあります。

ヤミ金業者は以前に比べて減少していますが、まだまだ存在しています。

ファクタリングを検討する際には、きちんとしたファクタリング会社かどうかをインターネットで調べることが重要です。

違法な手数料を要求されるケース

ヤミ金業者以外でも、一部のファクタリング業者は違法な手数料を要求することがあります。

ファクタリングは一般的に銀行融資やカードローンよりも高い手数料がかかるものですが、手数料が30%を超える場合は違法な業者の可能性が高いです。

また、手数料が安くても様々な追加費用を請求される場合も注意が必要です。

騙されて二重譲渡になり、違約金を請求されるケース

ファクタリングで利用する売掛債権は二重譲渡してはいけませんが、悪質な業者によって二重譲渡になる可能性があります。

例えば、A社との契約後にB社がより条件の良いファクタリングを提案し、B社とも契約してしまうと二重譲渡になります。

このようなケースでは、A社とB社が結託して法外な違約金を要求することがあります。

インターネットでの評判や口コミを事前に調べることで、このようなトラブルを防ぐことができます。

契約書の控えをもらえないケース

ファクタリング業者とのトラブルの中には、契約書の控えをもらえないケースも多くあります。

契約書の控えがないと、契約書の偽造をされた際に反証することが困難になります。

契約書の控えは必ずもらうようにしましょう。

売掛金を担保にされるケース

ファクタリングは貸金ではないため、売掛金を担保にすることは違法です。

しかし、一部の業者は売掛金を担保にして貸金のような形にすることがあります。

貸金業登録のないファクタリング業者は貸金を行うことはできませんので、売掛金を担保にするような業者には契約をやめることが重要です。

おすすめファクタリング会社 株式会社No.1

株式会社NO1
種類                    2社間・3社間                 
利用可能金額50~5,000万円迄
手数料1.5%~15%
入金スピード最短即日
手続き方法電話・メール・FAX
対応地域全国対応
株式会社NO.1 利用時に必要な書類
  • 過去直近の取引入金が確認できる書類(入金通帳・当座通帳・当座照合表)
  • 決算書直近二期分(勘定科目明細付で税務申告済みの捺印のあるもの)
  • 成因資料(請求書・発注書・納品書など)
  • 取引先企業との基本契約書(お持ちでない場合はご相談ください)

コメント

タイトルとURLをコピーしました