仮想通貨の販売所と取引所の違いを徹底解説

仮想通貨の販売所と取引所の違いは? 仮想通貨

仮想通貨取引所には、「販売所」と「取引所」という2種類が存在し、どちらでも仮想通貨を購入することが可能です。

仮想通貨の販売所と取引所の違い

具体的には、販売所では個人と仮想通貨取引所で取引を行います。

一方、取引所では取引所に登録している個人同士(ユーザー間)で仮想通貨の取引を行います。

取引所では売ってくれる相手を見つけて、その相手に購入する形式です。

そのため、仮想通貨取引所は相手を探すための仲介者となり、取引の場所を提供しています。

おすすめ仮想通貨取引所 GMOコイン株式会社

GMOコイン
入金手数料                 無料                     
出金手数料無料
取引手数料(販売所)無料
取引手数料(取引所)Maker:-0.01%〜-0.03%
Taker:0.05%〜0.09%
取扱通貨(種類)27銘柄
積立暗号資産可能

販売所と取引所は手数料が違う

手数料に関しては、取引所と販売所の間で大きな違いがあります。

取引所では手数料が非常に安く抑えられますが、販売所では手数料が高くなります。

販売所と取引所のメリット・デメリット

販売所のメリットとしては、すぐに取引できることや取引方法が簡単であることが挙げられます。

一方、デメリットとしては手数料が高いことがあります。

取引所のメリットは手数料が安く、成行注文や指値注文が可能であることです。

一方、デメリットとしては取引可能な仮想通貨の種類が少ないことや、取引が少し複雑で初心者には難しいことがあります。

取引する際は、特に販売所のメリットがない限り、手数料を抑えるために取引所を利用することをおすすめします。

初めての方には少し難しいかもしれませんが、取引所での取引に慣れればお得に仮想通貨を購入することができ、さらなる利益にもつながるでしょう。

おすすめ仮想通貨取引所 DMM Bitcoin

DMM Bitcoin
入金手数料                 銀行振込:無料(銀行手数料はお客様負担)
クリック入金:無料                   
出金手数料無料
取引手数料(販売所)無料
取扱通貨(種類)27種類
積立暗号資産不可能

コメント

タイトルとURLをコピーしました